_1280753

組織

沿革

飯田市のエコツーリズムの検討にあたり、赤石山脈の観光を考える組織としての赤石部会というものがはじまりで、長野県各地で組織されている信州登山案内組織として「南信州エコツアーガイド組合」が発足。 初代組合長で日本体育協会で上級山岳指導員の羽場崎清人によって運営されてきました。

2010年 阿智村のヘブンスそのはらが森林セラピーロードの認定を受けたのをきっかけに森林セラピスト セラピーガイドの登録を開始。全国でも数少ない、登山ガイドからネイチャーガイドまで幅広い分野のガイドクラブとして活動しております。
2013年7月 日本山岳ガイド協会に正会員団体として加盟。これまで南信州エコツアーガイド組合と主な登録組織であった南信州ネイチャークラブが統合し、アルプスネイチャークラブとして名称変更し、山岳ガイド 森林セラピストなど広く自然を案内する組織として活動しております。

賛助会員

富士見台高原ヘブンスそのはら 大平宿をのこす会 南アルプスを語る会 有限会社アルススポーツ

役員

代表理事 羽場崎 功

理事   白沢 裕次